2013年度の国内タブレット端末出荷実績、OS別シェアでAndroidがiOSを抜きトップに

本日、MM総研が、2013年度通期(2013年4月~2014年3月)の国内タブレット端末出荷台数の調査結果を発表し、出荷台数は前年度比30.5%増の748万台だった事が分かりました。
nexus_vs_mini_comparison 2013年度通期のメーカー別出荷台数・シェアは、Appleがシェア43.8%で4年連続で1位を獲得し、半期別でも8半期連続で1位を獲得しており、トップ5は下記の通り。

 ・1位、Apple:43.8%
 ・2位、ASUS:17.4%
 ・3位、富士通:6.7%
 ・4位、ソニー:5.8%
 ・5位、Amazon:4.9%

また、OS別出荷台数のシェアは、Androidが45.7%、iOSが43.8%と、AndroidがiOSを抜いて1位になり、3位にWindows(10.5%)がランクインしています。

なお、詳しい調査結果は下記リンク先をご覧下さい。

 ・2013年度通期国内タブレット端末出荷概況 – MM総研

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200