「iPhone 6」のディスプレイの解像度は1704×960ピクセルに?!

9 to 5 Macが、次世代iPhoneのテストに精通した情報筋の話として、Appleは「iPhone 6」で1704×960ピクセルの解像度のディスプレイを採用する方向でテストしているようだと報じています。
iphone-6-side この1704×960ピクセルは「iPhone 5s」のディスプレイ解像度(1136×640ピクセル)の縦横1.5倍の解像度となっており、4.7インチの場合の画素密度は416ppi、5.5インチの場合の画素密度は355ppiになり、AppleのRetinaディスプレイの定義である300ppiを上回っています。

また、1136×640ピクセルと1704×960ピクセルでのiOSのユーザーインターフェイスの違いを比較したものが下記画像で、ホーム画面ではアイコンサイズが大きくなり、通知センターでは文字がより大きくなって見易くなります。
homescreencomparison notificationcomparison-1 ただ、「Safari」や「Mail」など一部のアプリは高解像度を活かして表示領域を広くするものとみられています。
safaricomparison なお、アプリ開発者としては、3倍のUI画像(@3x)を用意する事でこの新しい解像度に対応でき、更に、Appleは開発者が複数の解像度で動作するアプリをより簡単に構築する事が出来る「マルチ解像度」モードを備えた開発ツールを開発しており、今年後半にリリースされる可能性があるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200