「iPad」向けディスプレイ、2014年第1四半期はSamsungがトップサプライヤーだった事が明らかに

市場調査会社であるDisplaySearchの最新のレポートによると、Samsungは2014年第1四半期(1~3月)に9.7インチの高解像度パネルを520万台出荷し、Appleの「iPad」用ディスプレイパネルのトップサプライヤーだった事が分かりました。
ipadair 同四半期は、「iPad」向け9.7インチディスプレイの62%をSamsungが供給し、残り38%の320万台をLG Displayが供給したようです。

また、Appleは去年8月にSamsungを「iPad」向けディスプレイの主要供給元に選定した模様。

[via MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200