「iOS 7.0.6」へのアップデート後に一部の「iPhone」でバッテリーの減りが異常に早くなる問題が発生

VMware Fusion 8.5

先日、セキュリティ面の改善が含まれた「iOS 7.0.6」がリリースされましたが、OS X Dailyによると、一部のユーザーから「iOS 7.0.6」へアップデートした後にバッテリーの減りが異常に早くなる問題が報告されている事が分かりました。


OSのアップデート後には毎回同様の問題が報告されているのですが、今回影響を受けたユーザーは下記スクリーンショットのように残量20%の警告が出た直後なのにバッテリーインジケーターの残量は既に17%まで減っており、バッテリーの減りが異常に早くなっているとのこと。

この場合の解決策の一つとして、まずホームボタンをダブルタップして表示出来るマルチタスク画面から全てのアプリを終了させ、その後、ホームボタンと電源ボタンを同時に押し続け、iOSデバイスを強制的に再起動させる事が提案されています。

同様の問題は「iOS」のアップデートごとに毎回報告されており、恐らく「iOS」のアップデートに伴うトラブルと予想され、上記の方法で解決しない場合はバックアップ及び復元するのも一つの解決方法として挙げられています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で