Microsoft、「Windows 8.1」向け次期アップデート「Spring Update」を発表

本日、米Microsoftが、「Mobile World Congress 2014」に先駆けて開催したプレスカンファレンスで、「Windows 8.1」向けの次期アップデート「Spring Update」を正式に発表しました。


「Spring Update」は主にマウスとキーボードのユーザーの為の体験を改善することにフォーカスされており、Modernアプリへの上部タイトルバーの追加やスタート画面への電源オプションや検索ボタンなどが追加されます。

また、「Spring Update」ではハードウェアの最低システム要件も引き下げられ、1GBのRAMと16GBのストレージ容量が最低必要スペックとなり、低価格デバイスでも「Windows 8.1」が搭載可能になるとのこと。

なお、「Spring Update」が正式名ではないようで、リリース時期についても今日はまだ明らかにされませんでしたが、4月に開催される「BUILD 2014」カンファレンスで詳細が明らかにされるものとみられています。

[via The Verge

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200