コーニング、3D形状の「ゴリラガラス」が製造可能に

VMware Fusion 8.5

「iPhone」など様々なスマホのディスプレイに採用されている強化ガラスの「ゴリラガラス」が、3D形状にも対応可能になった事が明らかになりました。

(ゴリラガラス2のテストの様子)

これはコーニングが正式に発表したもので、3D形状の「ゴリラガラス」の開発が完了し、製造を開始する準備が整ったそうです。

次期iPhoneも曲面ディスプレイを採用すると言われていますが、もしかしたらこの新しい「ゴリラガラス」を採用するのかもしれません。

[via 9 to 5 Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で