Apple、新型Mac Proの発売に合わせ「Final Cut Pro 10.1」をリリース

本日、AppleがMac App Storeにて「Final Cut Pro 10.1」をリリースしています。


今バージョンでのアップデート内容は下記の通りで、新型Mac Proの発売に合わせ Thunderbolt 2及びHDMIを使用して、最大4Kでのビデオモニタリングをサポートしています。

  • 新しい Mac Pro でデュアル GPU を利用して、再生およびレンダリングを最適化
  • 一部の Mac コンピュータで Thunderbolt 2 および HDMI を使用して、最大 4K でビデオモニタリング
  • タイトル、トランジション、およびジェネレータの 4K コンテンツ
  • ライブラリを使用して、複数のイベントとプロジェクトを 1 つのバンドルに整理
  • 個々のライブラリをすばやく開閉して、必要な素材のみを読み込む
  • メディアをライブラリ内外の場所に読み込むオプション
  • 指定したドライブまたはネットワークの場所に自動的にライブラリをバックアップ
  • プロジェクトスナップショットでプロジェクトの状態をすばやく保存し、手軽にバージョン管理
  • タイムラインの各オーディオチャンネルにオーディオ・フェード・ハンドルを装備
  • タイムラインに数値を入力して、詳細なリタイミング速度を追加
  • リップルなしのリタイミングオプション
  • ワンステップで置き換えおよびリタイミング
  • プロジェクトのフレームサイズをカスタマイズ
  • すべてのクリップのタイプでスルー編集を表示
  • “スルー編集を結合”コマンドで、タイムラインのクリップのブレードカットを削除
  • タイムラインのマルチカムクリップからオーディオを切り離して、オーディオおよびビデオを個別に編集
  • マルチカムクリップをソースとして使用して、タイムラインでビデオまたはオーディオのみを編集
  • J カットおよび L カットでオーディオをブレードおよび移動
  • J カットおよび L カットのスプリット編集中にオーディオをロール
  • ブラウザを非表示にするオプションで、画面上の表示領域を拡大
  • AVCHD カメラの .MTS および .MT2S ファイルをネイティブサポート
  • ソースクリップに使用中のメディアのマークを表示
  • 大きいプロジェクトのパフォーマンスを向上
  • 多くのクリップに同時にキーワードを追加したり編集したりするときのパフォーマンスを向上
  • 複数のキーフレームを簡単に移動、コピー、およびペースト
  • Ken Burns エフェクトにリニア・アニメーションのオプションを追加
  • InertiaCam および Tripod モードで、イメージの手ぶれ補正を向上
  • iOS デバイスから写真を読み込む
  • ビューアメニューからプロキシおよび再生品質のコントロールにアクセス
  • 静止画像の縦方向および横方向のメタデータをサポート
  • XML メタデータにエフェクトパラメータ、フォント、およびテキストサイズを追加
  • 収録中のメディアの追いかけ編集のサポートを向上
  • FxPlug 3 使用時のカスタム・プラグイン・インターフェイスやデュアル GPU をサポート
  • 他社製ソフトウェアを使用したカスタム共有操作の API
  • 4K 解像度で YouTube に直接共有
  • 中国のビデオサイト Youku および Tudou に直接共有
  • スペイン語にローカライズ

なお、アップデートはソフトウェアアップデートから可能です。

Final Cut Pro
価格: ¥28,800



関連エントリ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200