米ウォルマート、ブラックフライデー1日で140万台のタブレット端末を販売 – 「iPad mini」が人気

北米では感謝祭翌日の金曜日をブラックフライデーと呼び、1年で最大のセール日となっていますが、米小売り大手のウォルマートがブラックフライデーの販売状況を発表し、「iPad Mini」や「Xbox One」、「PS4」などが売れ筋商品の上位に並んだ事が明らかになりました。


また、ウォルマートではブラックフライデーの1日だけで140万台のタブレット端末を販売したそうで、全てが「iPad」シリーズという訳ではないと思いますが、ウォルマートだけで1日に数十万台の「iPad」が売れたものと予想されます。

[via ウォールストリートジャーナル/MacDailyNews

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200