携帯電話の購買に関する満足度調査 – フィーチャーフォン及びスマートフォンとも不満点はバッテリー(MMD研究所調べ)

本日、MMD研究所が、フィーチャーフォンまたはスマートフォンを所有している18歳以上の男女995人を対象に「フィーチャーフォン、スマートフォンの購買に関する満足度調査」を実施した結果を発表しています。


調査期間は2013年10月11日~10月15日で、直近半年間(4月~9月)で携帯端末を購入したユーザーの携帯端末の満足度、購入したアクセサリーなどを聞いており、まず満足度に関しては、フィーチャーフォン購入者は60.9%、スマートフォン購入者は75.4%だったそうです。

また、現在使用しているフィーチャーフォンやスマートフォンの端末の満足度を調査した結果、それぞれ満足度が高かった項目と低かった項目は下記の通り。

フィーチャーフォン

 【満足度が高かった項目】
  ・画面の大きさ(74.3%)
  ・端末の大きさ(71.5%)

 【不満が多かった項目】
  ・バッテリーの持ち(22.3%)
  ・操作性の良さ(15.6%)


スマートフォン

 【満足度が高かった項目】
  ・画面の大きさ(80.8%)
  ・画質の良さ(79.4%)

 【不満が多かった項目】
  ・バッテリーの持ち(28.3%)
  ・防水機能(20.5%)

なお、MMD研究所が公開しているレポートには各種グラフやスマートフォンと同時に購入したアクセサリーの調査結果なども掲載されているので、是非ご覧下さい。

 ・携帯購買者の満足度、スマートフォンがフィーチャーフォンより約15%高い
 (MMD研究所)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200