「iPad mini Retinaディスプレイモデル」、パネルの供給問題により発売当初は品不足に?!

本日、DigiTimesが、台湾のサプライチェーン関係者の話として、シャープの酸化物半導体TFTプロセスベースの7.9インチRetinaディスプレイパネルの生産歩留り率が低い事から、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の供給は十分でない可能性があると報じています。

LG Displayが7.9インチRetinaディスプレイパネルのもう1つの供給元で、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」向けパネルの約60%をLG Displayが供給し、残りの40%をシャープが供給すると言われているとのこと。

また、AU OptronicsとInnoluxも同パネルの注文を獲得しようとしたものの失敗に終わったそうで、「iPad Air」のパネルはSamsung Displayが約40%、LG Displayが約60%を供給しているそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200