歴代「OS X」の内部コードネーム名は全て”ワイン”に関連している事が明らかに

昨日、次期OS Xこと「OS X 10.10」の内部コードネームが「Syrah」(シラー)と呼ばれている事が分かり、この「Syrah」とはワイン用のブドウ品種の名前である事から歴代「OS X」の内部コードネームを調べてみたところ、全てワインに関連する名称がコードネームに採用されている事が分かりました。


一部分からないバージョンもあったのですが、「OS X」の各バージョンごとの内部コードネームは下記の通り。


ちなみにこの内部コードネームはあくまでApple内部でのみ呼ばれている名称で、製品に付けられるコードネーム(LionやMavericksなど)とはまた違うものになり、「OS X 10.8」まではネコ科の動物、「OS X 10.9」からはカリフォルニアにある地名が付けられています。

また、「iOS」の内部コードネームは米国内のスキーリゾートの名称が付けられています。

【関連エントリ】
 ・次期OS Xこと「OS X 10.10」の内部コードネームが「Syrah」である事が確認される
 ・【更新】「iOS」の各バージョンのコードネーム集 (日本語訳追加)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200