「Dropbox for Mac」、スクリーンショットを自動で保存し共有可能に

VMware Fusion 8.5

本日、人気クラウドストレージサービスのDropboxが、Mac向け公式クライアントアプリをアップデートし、最新版の「Dropbox v2.4.0」をリリースしています。

今バージョンでは「OS X」でスクリーンショットを撮影した際に自動でDropboxへと保存してくれる機能が追加されており、設定でオン/オフが可能となっています。

また他にも、「iPhoto」から写真をインポートする機能も新たに追加されています。

 ・プレスリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で