米デルタ航空、11,000人のパイロットに「Surface 2」を支給する事を正式に発表

本日、米デルタ航空が、同社の11,000人のパイロットに「Windows RT 8.1」を搭載した「Surface 2」を支給する事を正式に発表しました。

(image source:noticiassin)

「Surface 2」は重いフライトバッグを置き換える事が目的で、この置き換えにより毎年750万枚の紙が不要になり、燃費や二酸化炭素排出量も改善されるとのことで、「Surface 2」の導入は2014年内には完了する予定で、今年後半にまずボーイング757と767のパイロットに支給を開始する予定。

なお、同社は以前に19,000人の客室乗務員にWindows Phone端末の「Nokia Lumia 820」を支給しています。

 ・プレスリリース – デルタ航空
 ・プレスリリース – Microsoft

【関連エントリ】
 ・米デルタ航空、パイロットに「Surface 2」を提供へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200