「Surface 2」及び「Surface Pro 2」の2014年の販売台数は300万台に留まる見通し

本日、Microsoftが「Surface 2」と「Surface Pro 2」を発表しましたが、DigiTimesによると、同モデルの2014年の販売台数は300万台に留まるだろうとみられているようです。


販売台数の伸び悩みの原因は高い価格設定にあるとみられており、アプリ不足も一因と考えられています。

なお、参考までに現行の「Surface RT/Pro」の2013年前半(1〜6月)の販売台数は120万台と言われており、「iPad」の同期間の販売台数は3,400万台となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200