「iPhone 5s」に搭載されているA7プロセッサの動作周波数は最大1.30GHzで、RAMは1GBである事が判明

本日、各種メディアにて「iPhone 5s」と「iPhone 5c」のレビュー記事の公開が解禁となったようで、Macお宝鑑定団Blogが、「iPhone 5s」と「iPhone 5c」のスペックの詳細などを調査した結果を公開しています。


簡単にまとめると下記の通り。

iPhone 5s(A7チップ)

 ・クロック数:最大1.30GHz
 ・L1キャッシュサイズ:64KB
 ・L2キャッシュサイズ:1MB
 ・RAM:1GB

iPhone 5c(A6チップ)

 ・クロック数:最大1.25GHz
 ・L1キャッシュサイズ:32KB
 ・L2キャッシュサイズ:1MB
 ・RAM:1GB

また、Macお宝鑑定団Blogでは、「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の各種ベンチマークレポートも公開されているので、是非ご覧下さい。

 ・iPhone 5s ベンチマークレポート(64bit計測値付き)
 ・iPhone 5c ベンチマークレポート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200