SONY、レンズカメラ型サイバーショット「QX10」と「QX100」を正式に発表

本日、SONYがIFA 2013プレスカンファレンスにてレンズカメラ型サイバーショット「QX10」と「QX100」を正式に発表しました。


同製品はWi-Fi接続したスマートフォンの液晶画面を使用して撮影する仕組みとなっており、iOSとAndroid向けアプリ「PlayMemories Mobile」をライブファインダーとして利用することが可能で、NFCを使用してワンタッチでスマートフォンと接続する事も可能となっています。

両製品のスペックは下記の通りで、撮影した写真は本体のメモリカードに記録する以外にスマートフォンへの同時記録も可能。

【QX100】
 ・1.0型裏面照射型CMOS
 ・1440×1080ピクセル/30fpsでのMP4動画撮影に対応
 ・最大2000万画素の静止画記録に対応
 ・F1.8の大口径カールツァイスレンズ
 ・3.6倍 光学ズーム
 ・重量は179g

【QX10】
 ・1/2.3型のExmor R CMOSセンサを搭載
 ・1440×1080ピクセル/30fpsでのMP4動画撮影に対応
 ・最大1800万画素の静止画記録に対応
 ・光学10倍ズーム
 ・重量は105g

価格は既に明らかになっている通り「QX10」は250ドル、「QX100」は500ドルとなり、今月後半に発売予定で、日本国内での発売は現在検討中とのこと。

なお、The Vergeが、同製品のハンズオン動画を公開していたので是非ご覧下さい。

[via TNW / CNET JAPAN

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200