今年後半発売の「iPad mini」はマイナーアップデート版で、Retina搭載モデルは来年発売か?!

DigiTimesが、サプライチェーンの関係筋によると、Retinaディスプレイを搭載した次世代iPad miniの量産は2013年第4四半期まで開始されない可能性があり、そうなると発売は2014年になるかもしれないと報じています。


次世代iPad miniは2048×1536ピクセルのRetinaディスプレイを搭載し、更にベゼルがほとんどない外観デザインにする為にシャシーの設計を見直しているとも言われているとのこと。

また、Retinaディスプレイ搭載モデルが遅れる事から、Appleは2013年後半に「iPad mini」をより軽く、より薄くしたアップデート版をリリースする予定との情報もあるそうです。

なお、9.7インチの次期iPadについては薄膜タッチ技術を採用し、20〜30%の軽量化やより細いベゼルデザインが特徴となり、2013年7月に少量出荷が開始され、8〜9月には200〜300万台の大量出荷が予定されているとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200