米Apple、Barron’sの「最も尊敬される企業100社」ランキングで1位から陥落

本日、米金融情報誌Barron’sが、毎年発表している「The 100 Most Respected Companies(最も尊敬される企業100社)」ランキングの2013年版を発表しており、2010年から2012年まで3年連続で1位だったAppleがついに1位から陥落しています。


このランキングは投資家にアンケートを行った結果を集計したもので、今年1位に輝いたのは前年では15位だった投資会社のBerkshire Hathaway(バークシャー・ハサウェイ)で、2位はウォルト・ディズニー(前回11位)、そして3位にAppleがランクインしています。

「最も尊敬できる」「尊敬できる」「やや尊敬できる」「尊敬できない」の4段階評価のうちAppleは「最も尊敬できる」と答えた人が45%、「尊敬できる」が30%、「やや尊敬できる」が9%といった結果になっており、参考までに去年は「最も尊敬できる」が71%でした。

なお、同ランキングの詳細はこちら(PDF)

[via PhoneArena

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200