次期iPad miniと廉価版iPhoneの生産はPegatronが受注し、8月より出荷開始か?!

本日、DigiTimesが、台湾のサプライチェーンメーカーによると、台湾のPegatronがプラスチック製筐体を採用した廉価版iPhoneと次期iPad miniの受託生産の注文を獲得し、8月に出荷を開始するようだと報じています。


そして、サプライチェーンは7月より新しいiPad miniと廉価版iPhoneの為の部品の出荷を開始するとのこと。

なお、次期iPhoneと次期iPadは2014年前半まで遅れ、Foxconnによって生産されるとの情報もあるそうです。

【関連エントリ】
 ・「iPhone 5S」は3色、「廉価版iPhone」は5色展開に?!
 ・「廉価版iPhone」は8月発売か?!
 ・廉価版iPhoneの組み立ては主にPegatronが受注か?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200