Microsoft、最新のVine広告で「Internet Explorer」で「WebGL」をサポートする事を示唆

Microsoftはこれまで「WebGL」の採用にとても消極的でしたが、本日、同社が公開したVine広告から次期Internet Explorerで「WebGL」をサポートする事を計画している事が明らかになりました。

その広告が下記動画ですが、広告のタイトルは「What’s next」(次は何?)となっており、広告の中で”IE卿”が”IE10″に対し「HTML5? What’s next; WebGL?」と聞いています。


この事から「Windows 8.1」に搭載される次期Internet Explorerでは「WebGL」をサポートする事が予想され、6月末の「BUILD 2013」で正式に発表されるものと予想されます。

[via Neowin

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200