JR東日本、サービス品質の向上の為に7,000台の「iPad mini」を導入へ

ZDNet Japanによると、ソフトバンクテレコムが、JR東日本に対し7000台の「iPad mini」を提供する事を発表したそうです。


「iPad mini」は運転士や車掌といった乗務員に配布され、輸送障害時の迅速な対応や案内などのサービス向上が目的で、ダイヤ回復にかかる時間の短縮や、様々なアプリを活用して顧客への案内などのサービス品質の向上に対し活用されるとのこと。

また、乗務員が常時携行するマニュアル類の電子化をサポートし、コンテンツの更新や管理の作業の軽減も進められるようです。

[via リンゲルブルーメン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200