「iPad mini」向けRetinaディスプレイの量産は6〜7月より開始か?!

CNETによると、DisplaySearchのアナリストであるRichard Shim氏が、「iPad mini」向けRetinaディスプレイの量産は6〜7月に開始されるだろうと予測しているそうです。


また、LG Displayが「iPad mini」向けRetinaディスプレイの主要なサプライヤーであり、Samsungは同パネルのサプライヤーにはならないようです。

「iPad mini」向けRetinaディスプレイの解像度は2048×1536ピクセルになり、最も解像度が高いタブレットの1つになるとのことで、同氏は他にもAmazonが300ppi以上のパネルを搭載した7インチと8.9インチのKindleをリリースするとも予想しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200