Googleのクロスプラットフォームメッセージサービス「Babel」の正式名は「Hangout」に?!

Googleが様々なメッセージングサービスを1つに統合したクロスプラットフォームメッセージサービス「Google Babel」を開発中と噂されていますが、The Vergeが、「Babel」に関する最新情報を伝えており、正式名は「Hangout」になるかもしれないそうです。


また、アイコンはメッセンジャーのアイコンと似ており、UIのテーマは「Holo」になるとのこと。

ただ、「Hangout」は「Google+」のビデオチャットサービスの名称に使用されている為、実際のところ正式発表を待ってみないと分からないですが…。

【関連エントリ】
 ・Google、iOS向けにも「Google Babel」のクライアントアプリをリリースへ
 ・Googleの新しいメッセージサービス「Google Babel」、サービス開始当初は「Talk」「Hangouts」「Messenger」をサポート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200