LTEエリア化率はドコモ、速度はKDDIがトップ - 日経BPコンサルティングが全国のLTEエリア調査結果を公開

本日、日経BPコンサルティングが、全国1,000箇所で行ったLTEエリア調査の結果を公開しています。

本調査は全国の人が多く集まる場所を1000個所抽出し、NTTドコモの「Xperia Z」、KDDIの「HTC J butterfly」「iPhone 5」、ソフトバンクモバイルの「AQUOS PHONE Xx」「iPhone 5」の5機種のLTEの接続エリア、速度等の実態を調査したもので、全国におけるLTEでつながるエリア化率のNo.1はNTTドコモだった事が分かったそうです。

(image source:日経BPコンサルティング)

NTTドコモのLTEによる接続比率は97.4%と最も高く、2位は95.6%でKDDIのAndroid (HTC J butterfly)、3位が90.9%でソフトバンクの「iPhone 5」となっています。

また、データ通信のダウンロード速度の比較調査を行った結果は、KDDIの「HTC J butterfly」が21.67Mbpsで最も速く、2位はソフトバンクの「AQUOS PHONE Xx」で20.78Mbps、3位がNTTドコモの「Xperia Z」という結果となっています。

なお、詳細な調査結果はこちらへどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200