Intel、転送速度20Gbpsを実現し4Kにも対応した次期「Thunderbolt」を発表

MacRumorsによると、Intelが、「NAB 2013」にて転送速度20Gbpsを実現する「Thunderbolt」の次期バージョンを発表したそうです。


この新しい「Thunderbolt」のコードネームは「Falcon Ridge」と呼ばれ、現行のケーブル及びコネクタと互換性があり、転送速度が現在の2倍である20Gbpsになる他、4Kのビデオファイル転送及び表示に対応しているそうです。

なお、生産は2014年に開始される予定とのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で