Chromiumプロジェクト、レンダリングエンジンを「Blink」へ

本日、Googleが、Chromiumプロジェクトではレンダリングエンジンを従来の「Webkit」からWebKitベースの新しいオープンソースレンダリングエンジン「Blink」に変更する事を発表しています。


その理由としては、Chromiumは他のWebKitベースブラウザーと違いマルチプロセスアーキテクチャを採用しているため、WebKitプロジェクトとChromiumプロジェクトはここ数年複雑化の一途を辿っており、これにより全体的なイノベーションの速度が低下してきた為だそうです。

 ・プレスリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200