中国企業が「Surface Pro」のクローンを発表

ドイツのハノーファーで現地時間の昨日より開催されている「CeBIT 2013」で、中国のPCメーカーであるHKCがMicrosoftの「Surface Pro」のクローンを展示している事が分かりました。

その映像が下記動画ですが、「Surface」の特徴でもあるキックスタンドも再現されており、本体下部にはキーボードなどを接続出来る端子も搭載しています。


一見するとそっくりに見えますが、筐体の素材は本物と同じマグネシウムではなく、アルミ製になっており、ディスプレイも11.6インチと本物の10.6インチより少し大きくなっています。

なお、まだ販売は行われていないようで、HKCは販売に向け提携企業を探している段階とのこと。

[via MobileGeeks.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200