廉価版iPhoneは台湾のPegatronが受注か?!

EMSOneによると、工商時報が、台湾市場の話として、Appleが2013年に投入する廉価版iPhoneの生産を台湾のPegatronが受注し、出荷台数は13年通年で4000万台に達するようだと報じているそうです。


また、Pegatronが廉価版iPhoneの生産を、単純なEMS(電子機器受託生産)方式ではなく、Appleと共同で設計も手がけるJDM(Joint design manufacturers)方式で受注したとも報じています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で