Apple、第3世代iPad miniではピクセル密度が400ppi以上のディスプレイの採用を計画か?!

PatentlyAppleによると、Appleが第3世代iPad mini向けにピクセル密度が400ppi以上のディスプレイを納入するようLG Displayに依頼した事が確認されたと韓国で報じられているそうです。


もしこの話が本当で技術的にも製造可能と仮定すると、7.85インチのディスプレイで400ppiを上回るには最低でも2560×1920ピクセルの解像度が必要になります。

なお、第2世代iPad miniのディスプレイの解像度は2048×1536ピクセルで、ピクセル密度は324ppiになると言われており、既にディスプレイの量産が開始されたとの情報もあります。
(下記関連エントリ参照)

【関連エントリ】
 ・台湾のAU Optronics、次期iPad mini向けパネルの量産を開始か?!
 ・台湾のAUO、「iPad mini」向けパネルの生産問題を改善 & 次期iPad mini向けパネルも開発中
 ・台湾AUO、次期iPad mini向けRetinaディスプレイの試作を開始か?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200