Microsoft、「iOS 6.1」でのExchangeのバグの対処法を公開

本日、Microsoftが、「iOS 6.1」を搭載したデバイスでメールボックスを同期させた際にMicrosoft Exchange Server 2010 Client Access server (CAS) と Mailbox (MBX) のサーバーリソースが異常に消費され、メモリやCPUの使用率が大幅に増加する可能性があり、サーバーのパフォーマンスに影響する問題とメールが正常に同期出来ない問題の対処方法を公開しています。


また、AppleとMicrosoftはこの問題を調査しており、この問題の対処法としては、iOS 6.1を搭載したiOSデバイスで出席依頼などの予定表のアイテムを処理しない事と再起動する事が記載されています。

なお、公開されたサポートドキュメントには上記方法でも改善しない場合の対処法などが記載されています。

(Via.iDownload Blog)

【関連エントリ】
 ・「iOS 6.1」でバッテリー駆動時間が短くなる問題の原因の一つは「Exchange」のバグ?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200