一部のiPhoneユーザーが「iOS 6.1」でバッテリー駆動時間が短くなったと報告

Apple Insiderによると、「iOS 6.1」へアップデートした一部のiPhoneユーザーがバッテリー駆動時間が短くなる問題や本体が過熱する問題を報告しているそうです。


バッテリーに関してはアップデートがリリースされる度に出てきますが、今回も「良くなった」という声と「一晩で35%減った」という声があるようで、実際のところ問題なのかどうかは不明です。

なお、バッテリー駆動時間に関しては、過去にバッテリーの減りを抑える設定の一覧などいくつか記事を書いているので、良かったらご覧下さい。
(下記関連エントリ参照)

【関連エントリ】
 ・「iOS 6.0.2」にバッテリー駆動時間が短くなる不具合?!
 ・「iOS 6」を搭載した「iPhone 4/4S」でバッテリーの減りが早くなる問題、バックグラウンドプロセスの暴走が原因か?!
 ・「iOS 6」にアップデートした「iPhone 4/4S」でバッテリー駆動時間が異常に短くなる問題が報告されている模様

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200