台湾AUO、次期iPad mini向けRetinaディスプレイの試作を開始か?!

cnBetaが、サプライチェーンからの情報によると、台湾のAU Optronics Corp.が、次期iPad mini向けRetinaディスプレイの試作を開始したようだと報じています。


次期iPad mini(コードネーム:J85)のディスプレイの解像度は2048×1536ピクセルで、ピクセル密度は324ppiとなり、他にもAppleはワンガラスタッチパネル構造(OGS)のタッチスクリーンのテストも開始しているようです。

また、本体サイズや外観のデザインは現行のiPad miniと変わらず、プロセッサにクアッドコアGPUを搭載したA5Xプロセッサを採用するとのこと。

【関連エントリ】
 ・次期iPad miniのディスプレイはタッチパネル・カバーガラス一体型技術を採用か?!
 ・台湾AUO、次期iPad mini用のRetinaディスプレイパネルを開発中か?!
 ・次期iPad miniはAU Optronics製のRetinaディスプレイを搭載か?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200