Apple、「Smart App Banner」を利用した際に「JavaScript」が勝手にオンになるバグを「iOS 6.1」で修正

Apple Insiderによると、「iOS 6.1」では「Smart App Banner」を利用した際にユーザーの許可無しに「JavaScript」がオンになってしまうバグが修正されているそうです。


「Smart App Banner」とは「iOS 6」から利用可能になった機能で、Mobile Safariで閲覧するウェブサイトにアプリの宣伝用バナーをポップアップ表示させることができる機能となっており、「iOS 6」ではこの「Smart App Banner」を利用した際に勝手に「JavaScript」がオンになってしまうバグが報告されていました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200