Apple、廉価版iPhoneにはQualcommの「Snapdragon」プロセッサを採用か?!

Forbesによると、Detwiler Fentonのアナリストが、Appleは独自のプロセッサではなく、Qualcommの「Snapdragon」プロセッサを採用した廉価版iPhoneを開発しているようだと報告しているそうです。


「iPhone 5」にはモデムやBluetooth/Wi-Fiなど3つのチップが個別に搭載されていますが、「Snapdragon」にはWi-FiやBluetoothなどが統合されており、「Snapdragon」を採用する事でよりコストが抑えられるようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200