米Microsoft、最高研究戦略責任者のクレイグ・マンディ氏を相談役に

AllThingsDによると、米Microsoftの最高研究戦略責任者であったクレイグ・マンディ氏がスティーブ・バルマーCEOの相談役に退いた事が分かったそうです。


なお、同氏の後任はEric・Rudder氏で、クレイグ・マンディ氏は65歳を過ぎる2014年に引退する予定である事も社内メールで明らかにされたそうです。

 ・クレイグ・マンディ氏(日本)
 ・クレイグ・マンディ氏(英語)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200