Appleのティム・クックCEO、米TIME誌の「Person of the Year」の最終候補者に

本日、米TIME誌が、今年の「Person of the Year」(今年の人)の最終候補者を発表しており、Appleのティム・クックCEOも最終候補者に残ったようです。


「Person of the Year」(今年の人)はその年に最も活躍したり話題になったりした人物が選出され、今年の最終候補者に残ったのは下記の通り。

 ・マリッサ・メイヤー(Yahoo! CEO)
 ・ムハンマド・ムルシー(エジプトの大統領)
 ・非正規滞在の移民
 ・ビル・クリントンとヒラリー・クリントン(元米大統領と米国務長官)
 ・バラク・オバマ(現米大統領)
 ・マララ・ユサフザイ(パキスタンの人権運動家)
 ・ティム・クック(Apple CEO)
 ・ヒッグス粒子/ファビオラ・ジャノッティ(科学者)


なお、今年の「Person of the Year」は、現地時間の12月19日午前7時に正式発表される予定です。

【関連エントリ】
 ・TIME誌、今年の「Person of the Year」の候補者リストを発表。Appleのティム・クックCEOもノミネートされる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200