「iPhone 5S」はIGZOパネルを採用した「Retina+」ディスプレイを搭載し、128GBモデルも登場か?!

一つ前の記事でJefferiesのアナリストであるPeter Misek氏が、次期iPhoneこと「iPhone 5S」は6月に発表され、スーパーHDカメラ及びディスプレイ、より良いバッテリー、NFCを採用するだろうと予想している事をお伝えしましたが、Apple Insiderが同氏の報告の詳細を掲載しており、スーパーHDディスプレイは「Retina+」ディスプレイとも呼ばれており、「iPhone 5S」にはIGZOパネルが採用される可能性があるそうです。


また、「iPhone 5S」では新たに128GBモデルが用意されるだろうとも予想されています。

更に、第5世代iPadについても同じくIGZOパネルを採用し、6月に発表される事を予想しており、デザイン面では軽量化や薄型化が行われるだろうとのこと。

そして、「iTV」に関しては2013年9〜10月に発表されると予想しており、新しいユーザーインターフェイスやジェスチャー及び音声コントロールが特徴となるとのことです。

【関連エントリ】
 ・アナリスト、次期iPhoneは来年6月発表で6〜8色のカラーラインアップが用意されると予想

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200