米フォーブズ誌、「世界で最も影響力のある人物ランキング」の2012年版を公開

本日、米フォーブズ誌が「The World’s Most Powerful People」(世界で最も影響力のある人物ランキング) の2012年版を公開しており、4位にMicrosoft会長のビル・ゲイツ氏が選出されています。


1位はノッチ…ではなくオバマ米大統領となっており、2位はドイツのアンゲラ・メルケル首相、3位はロシアのプーチン大統領となっています。

また、日本人では40位に日本銀行総裁の白川方明氏、43位にトヨタ自動車社長の豊田章男氏、53位にソフトバンク社長の孫正義氏などが選出されています。
(60位に野田前首相も…)

なお、当ブログの内容に関係がありそうな人物の結果は下記の通り。

 ・20位:ラリー・ペイジ(Google)
 ・25位:マーク・ザッカーバーグ(Facebook)
 ・35位:ティム・クック(Apple)
 ・46位:スティーブ・バルマー(Microsoft)

詳細は下記リンク先へどうぞ。

 ・The World’s Most Powerful People

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200