2012年度上期の国内タブレット端末の出荷台数シェアでAppleがトップに

本日、MM総研が、2012年度上期(12年4月~9月)の国内タブレット端末の出荷状況を発表しています。

2012年度上期の出荷台数は前年比82.1%増の193万台で、メーカー別台数・シェアではAppleが118万台でシェア61.1%となり1位を獲得したそうです。
(下記参照)


また、OS別出荷台数については、iOSが118万台でシェア61.1%に対し、Androidが75万台でシェア38.9%だったそうで、更にキャリアの通信回線(3GやLTE)を搭載した回線モデルとWi-Fi通信のみを可能とするWi-Fiモデル別に見ると、回線モデルが91万台(シェア47.2%)、Wi-Fiモデルが102万台(シェア52.8%)とWi-Fiモデルの方が若干上回っているようです。

 ・プレスリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200