Apple、ノースカロライナにあるデータセンターの燃料電池発電システムの容量を2倍へ

electronistaによると、Appleがノースカロライナ州メイデンのデータセンター横にある燃料電池発電システムの容量を2倍にする予定である事が分かったそうです。


Appleの当初の発表では200kW燃料電池発電システムを24台設置する予定でしたが、最終的には全部で50台になるようで、既に24台(4,800kW)のフェーズ1のシステムのテスト稼働が10月に開始されているとのこと。

なお、この発電システムで余った電力は米国の最大手電力会社であるDuke Energyへ売電されるそうです。

【関連エントリ】
 ・ノースカロライナのAppleデータセンターの最新の空撮写真
 ・AppleがNCデータセンターに建設予定の燃料電池発電システムの計画が承認される
 ・AppleのNCデータセンターは再生可能エネルギーだけで稼働へ
 ・AppleのNCデータセンターの燃料電池はBloom Energy社が供給へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200