VMware、「VMware Fusion 5」のユーザーに対し「MacBook Air and MacBook Pro Update 2.0」の適用を控えるよう警告

VMware Fusion 8.5

Appleは11月9日に「MacBook Air」と「MacBook Pro」の2012年モデル向けに「MacBook Air and MacBook Pro Update 2.0」をリリースしましたが、O’Grady’s PowerPageによると、VMwareが「VMware Fusion 5」のユーザーに対し、同アップデートのインストールを控えるよう警告しているそうです。


「MacBook Air and MacBook Pro Update 2.0」をインストールした後に特定の3Dアプリケーションを使用すると「VMware Fusion」が落ちてしまうといった問題が見つかっているようで、アップデートをインストールし問題の影響を受けるユーザーは、設定項目の「3Dグラフィックスの高速化」のチェックを外すと良いそうです。

なお、VMwareは既に同問題を調査中とのことですので、近いうちにもアップデートされるものと予想されます。

【関連エントリ】
 ・Apple、「MacBook Air and MacBook Pro Update 2.0」をリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で