新幹線全97駅でのスマートフォンLTE通信速度実測調査、平均速度/受信地点数ともソフトバンクがトップに

本日、ICT総研が、新幹線全97駅でのスマートフォンLTE通信速度実測調査の結果を発表しています。


調査期間は11月5日から13日までで、調査手法は新幹線全97駅で、ホーム、改札付近、駅前広場の3地点で下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ計測し、97駅291地点において1端末あたり873回の測定を実施したそうです。

まず、新幹線全97駅291地点での平均速度が最も速かったのはソフトバンクモバイルで、次点がauだったとのこと。

次に、LTE受信地点数は、ソフトバンクが217、NTTドコモが189、auが103と、こちらもソフトバンクが1位になったそうです。

なお、各地点の計測結果などの詳細はICT総研が公開したレポートへどうぞ。

(via.CNET JAPAN)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200