Apple、iOS向けゲームアプリの開発者に対し、アプリ名に「memory」という単語を使用しないよう警告

electronistaによると、AppleがiOS向けゲームアプリの開発者に対し、アプリ名から「memory」という単語を削除し、使用しないように警告しているそうです。


「memory」はドイツのRavensburgerというゲームメーカーが42カ国で商標権を所有しており、Appleはアプリ名に同単語を含むiOS向けゲームアプリの開発者に対し、アプリ名を変更しなければApp Storeから削除する事を警告しているそうです。

Appleは年末までには全ての措置を終える事を計画しており、Ravensburgerは下記の42カ国で「memory」の商標権を所有しているとのこと。

アルメニア、オーストリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ベラルーシ、ベルギー、ブラジル、クロアチア、チェコ、デンマーク、エジプト、エクアドル、エストニア、フィンランド、フランス、グルジア、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、インド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マケドニア、モンテネグロ、オランダ、ノルウェー、ペルー、ポーランド、ポルトガル、ロシア、セルビア、スロバキア、スロベニア、韓国、スペイン、スイス、トルコ、ウクライナ、ベネズエラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200