Microsoft、Windows開発部門トップのスティーブン・シノフスキー氏が退社する事を発表

本日、米Microsoftが、Windows開発部門トップであるWindows & Windows Live エンジニアリング グループ担当のシニアバイスプレジデントを務めていたスティーブン・シノフスキー氏が同社を退社する事を発表しています。


退社の理由は明らかにされていないものの、スティーブ・バルマーCEOは「スティーブンが会社に貢献した長年の仕事に感謝する」とのコメントを発表しています。

同氏は1989年7月にソフトウェアのデザインエンジニアとしてMicrosoftに入社し、その後はOffice製品の開発に関わり、Windows Vistaで混乱していたWindows部門を立て直した実績があります。

なお、同氏の仕事については、Windows Experience担当副社長のジュリー・ラーソン─グリーン氏とWindows部門のCFO兼COOのタミ・レラー氏が引き継ぐ予定とのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200