【追記有り】「A6X」チップはSamsung製で、「A6」チップとはダイの面積なども異なる事が明らかに

本日、UBM TechInsightsが、「iPad (第4世代)」に搭載されている「A6X」チップを解析した結果のレポートを公開しています。

「A6X」チップは「A6」チップに比べ、ダイの面積が96.5㎟から124㎟へと30%増加しており、コアの形状とサイズも異なっているそうです。

(image source:UBM TechInsights)

また、印字されている型番からSamsung製である事も確認されたそうです。

(image source:UBM TechInsights)


追 記

「iPad (第3世代)」に搭載されていた「A5X」チップのダイの面積は「162.94㎟」となっており、「A5X」→「A6X」と順当に小さくなっているようです。

【関連エントリ】
 ・「iPad (第4世代)」に搭載されている「A6X」チップのGPUはクアッドコアの「PowerVR SGX 554MP4」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200