ヴァージニア州では米大統領選の投票装置として「Surface」をテストへ

Microsoft Newsによると、現地時間の11月6日にアメリカ合衆国大統領選挙が行われますが、ヴァージニア州では投票装置としてMicrosoftの「Surface」を試験的に使用される事になったそうです。


「Surface」が使用されるのは1箇所の投票所のみで、テストされる「Surface」はWindows RTモデルではなくIntelプロセッサで動作する「Surface Pro」の模様。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で