「iOS 6」には端末のネット上の行動パターンを追跡する「IDFA」が組み込まれている(同機能をオフにする方法も掲載)

ITmediaによると、「iOS 6」に広告主のための新しいユーザー追跡技術「Identification For Advertisers」(IDFA)が組み込まれている事を巡り、プライバシー上の問題を懸念する声が出ているそうです。

「IDFA」では「UDID」と同様に、iPhoneやiPadなどの端末を識別できるそうですが、「UDID」とは違い個人までは特定できず、広告主が個別の端末のWeb閲覧行動を追跡したり、購入やダウンロードなどの記録を入手したりする事が可能とのこと。


なお、この「IDFA」は、設定アプリで「一般>情報>アドバタイズ」にある「Ad Trackingを制限」をオンにする事で停止させる事が可能となっており、バッテリー駆動時間の面からしてもオフにしておいた方が何かと良さそうな気もしますし、気になる方は停止させてみては如何でしょうか。

【参照元】
 ・ITmedia

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で