NTTドコモ、Windows Phone端末は遅れているものの早い時期に採用したい意向を明らかに

ITProによると、NTTドコモの加藤社長が本日開催した新製品発表会の質疑応答で、「Windows Phone」搭載端末について「いろいろな事情でWindows Phoneは遅れている」とコメントしたそうです。


なお、今朝のMicrosoftが今冬に予定していた「Windows Phone 8」搭載スマートフォンの日本での販売を先送りする事が明らかになったとの報道に対しては、「基本的にはマイクロソフトと端末ベンダー間での話と聞いている」とコメントし、Windows Phoneの遅れにNTTドコモが直接的に関与していないことを示唆したそうです。

ただ、「Windows Phone 8」搭載スマートフォンや「Windows 8」搭載タブレットやPCの操作性には魅力があるとして、早い時期に採用していきたいともコメントしたそうです。

【関連エントリ】
 ・Microsoft、「Windows Phone 8」搭載端末の日本投入を先送り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で