初代iPhoneへのマップアプリ搭載が決まったのは発表の数週間前の事だった?!

今話題になっているiOSのマップアプリは初代iPhoneからずっと搭載されているのですが、9 to 5 Macによると、このマップアプリが初代iPhoneに搭載される事が決まったのは発表イベントの数週間前だったという事が匿名の元Appleエンジニアの話から明らかになったそうです。


発表イベントの数週間前にスティーブ・ジョブズ氏がマッピングアプリでタッチスクリーン機能を披露するように命令したそうで、2人のエンジニアが3週間でプレゼン用のマップアプリを開発し、そのマップアプリで地図データを使用する為に急遽Googleと契約を結んだそうです。

なお、ジョブズ氏が初代iPhoneでマップアプリを初披露する様子のビデオが下記動画です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で