Apple、Googleとの契約を残したまま独自の地図サービスに切り替えか?!

The Vergeが、問題に精通した2人の関係者によると、AppleはGoogleとの「Google マップ」の契約を1年以上残したまま独自の地図サービスに切り替えたようだと報じています。


Appleが独自の地図サービスへの切り替えを決定したのは「WWDC 2012」の直前だったと言われいるようで、切り替えた理由については、ターンバイターンナビ機能などAndroid版Google マップとの機能差があった為とみられているようです。

また2人の関係者は、GoogleのiOS向け「Google マップ」アプリはまだ不完全であり、数ヶ月間はリリースする予定はないとも述べているようです。

【関連エントリ】
 ・Googleのエリック・シュミット会長、Appleへの「Google マップ」アプリ提出の噂を否定
 ・Apple、マップと検索に関するGoogleとの契約を更新(旧ブログ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で